TOP > 企業情報 > 社会貢献活動

社会貢献活動 社会の中で私たちができることを

働く女性を応援し、その家族や社会全体に、睡眠を通して快適な暮らしを提供していく、という理念から私たちにできることをおこなっていきます。

売上金額の一部を「赤い羽根」の共同募金会に寄付

赤い羽根共同募金会へのマッチングギフト

感謝状

1995年の阪神淡路大震災の支援を行う中で、社員による義援金活動の声が上がり、社員からの義援金と、会社が同額を出資する「マッチングギフト」がスタートしました。この活動は、現在でも全国の営業所が、「掛けふとん」の売上金額の一部と、本社が同額を出資するマッチングギフトの形で、「赤い羽根」の中央共同募金会に寄付しています。2006年には、中央共同募金会から感謝状をいただきました。

募金

社会福祉支援活動

アート羽毛ふとん作品「みるね」

東洋羽毛では、様々な社会福祉活動に協賛しています。毎年、5月12日の「看護の日」(日本看護協会)、7月1日の「こころの日」(日本精神科看護協会)、11月11日の「介護の日」(日本介護福祉士会)の活動を応援しています。その他日本精神科看護協会主催の「アールブリュット展」を後援するとともに、正規の美術教育を受けていない人々が描いた内面から湧き出る独自の表現によるアート作品を、ふとんのデザインに起用しました。
その他にも、就労継続支援・就労移行支援を実施している福祉施設の活動を支援しています。

こころの日看護の日

災害支援活動

営業社員が迅速に対応

万が一の災害時には、物資の供給や義援金だけでなく、自分たちができることを現地で迅速に行える企業でありたいと考えています。阪神淡路大震災(1995年)の際は、兵庫県看護協会と協力して、営業社員が営業車を使い看護師さんを現地へ送迎するお手伝いをさせていただきました。この活動は、新潟県中越地震(2004年)の際にもさせていただきました。

安心サポートシステム 災害支援

睡眠の大切さ 普及活動

睡眠講座の開催

健康にとって欠かすことのできない「睡眠」。睡眠に対する正しい知識を普及し、快適な毎日を過ごしていただけるよう、(一社)日本睡眠教育機構認定の「睡眠健康指導士」による無料睡眠講座を開催しています。講座内容は、年代や環境に応じた睡眠の話しや、交代制勤務による睡眠の乱れの対応策などさまざまな角度から睡眠のメカニズムや大切さを啓蒙しています。

ページトップへ