TOP > 寝具のお手入れとサポート > 普段のお手入れ

普段のお手入れ

羽毛ふとんの普段のお手入れは、実はとっても簡単なのをご存知ですか?
商品についている説明書もあわせて読んで、ふとんを長持ちさせましょう。

  • リフォームのご案内
  • リフォームふとんの仕様と料金
  • クリーニングのご案内

羽毛ふとんの普段のお手入れ

同時に除湿器を使うのも大変有効です。

羽毛ふとんは吸湿・発散性に優れているため綿ふとんのように頻繁に日に干す必要はありませんが、なるべく乾燥した状態を保つように心掛けましょう。
敷きふとんは敷きっぱなしにするとカビが発生することがあります。特にフローリングなど通気性のない床の上ですと、水分の逃げ場がなく、要注意です。
敷きふとんは、上げ下ろしをこまめにして乾燥させるようにしましょう。たたんで壁に立てかけるだけでも効果的です。

ふとんの干し方

ふとんたたきは羽毛を痛めます。

必ずカバーを掛けたまま月に2〜3回、表裏合わせて1〜2時間、日干しをしてください。(シルク側生地のふとんは陰干し)
※干す回数は使用状況に応じて調整してください。
“ふとんたたき”は、羽毛を痛めるのでやめましょう。
日に干すと殺菌効果も手伝って大変衛生的です。
また、定期的にカバーを洗濯してください。清潔なカバーを使用することでふとん生地の汚れを防ぎます。

乾燥機と掃除機

掃除機はゆっくり、丁寧に。

布団乾燥機による乾燥も問題ありませんがあまり高温になりすぎないよう注意しましょう。温度調節機能のない布団乾燥機の場合は、乾燥袋と羽毛ふとんの間に毛布やタオルケットを1枚挟むと良いです。

日干しのあと、ふとんの表面にゆっくりと掃除機をかけてください。
ふとん表面のホコリやダニが除去され、より清潔にお使いいただけます。

※ふとんを掃除機で強く押したり、激しく吸引したりしないでください。破損の原因となります。
※むやみに生地を引っ張らず、ていねいに取り扱ってください。

羽毛ふとんの上手な使い方

カバーはサイズにあったものが羽毛ふとんの効果を引き出します。

1.カバーをかけて使う

側生地の汚れや痛みを防ぐため、必ずカバーを掛けましょう。羽毛ふとん専用のカバーの場合はボタン、ひもなどがついていてふとんとずれないようになっています。なるべく綿100%のもので、ふとんの実サイズに合ったものを選びましょう。

2.じかに掛ける

羽毛ふとんは体にじかに掛けましょう。羽毛ふとんの特性である保温性、吸湿・発散性、ドレープ性が十分生かされます。

3.ふくらみの凸凹をなくす

羽毛のふくらみが少ないように感じる部分があったら、周囲の羽毛を軽くたたいて空気を含ませ羽毛を平均にならします。

キルティングの縫い目はブラシで丁寧に。

4.キルティング部分を清潔に

キルティング部分のホコリはブラシなどで取り除きましょう。

羽根枕の使い方

枕が低いと感じる時は、枕の四隅を対角線上に交互に押し込んで空気を含ませるようにしましょう。

ご注意ください

製品についている説明書を必ず読みましょう。
針は絶対禁物です。羽毛製品に針を通したり安全ピンを使ったりすると中の羽毛が噴き出してしまいます。

ふとんを汚してしまった時は

軽い汚れの場合

濡れタオルに中性洗剤を少量付け、汚れた部分を軽くこすり、水で洗い流してください。
※強くこすりますと、破損の原因となります。

落ちにくい汚れの場合

血液、尿など、落ちにくい汚れの場合は、濡れタオルで汚れを軽くふき取り、クリーニング(水洗い)にお出しください。クリーニングのご用命は、東洋羽毛にご連絡ください。

アフターサービスもお任せ

東洋羽毛は、クリーニング・リフォーム等のアフターサービスにも万全を期してご奉仕いたしております。修理・買い替え・下取りなどのご相談がございましたら、お客様相談室、又は営業所までご連絡ください。
※東洋羽毛は羽毛ふとんのアフターサービスを他社に委託することは一切ありません。

ページトップへ